決めるのは大変だったが、住めば都、マイホームは最高過ぎる

この記事は約3分で読めます。

実際に注文住宅を建て方の体験談をご紹介します。

今回は埼玉県日高市で桧家住宅の注文住宅を建てた31歳の男性のリアルな体験談を見ていきます。

予算と実際の金額は?

3000万円の予算で実際は、3800万円でした。

注文住宅を建てる前の具体的な悩み

注文住宅を建てる前の悩み

彼女と賃貸アパートで、1年同棲して結婚をして結婚してから2年たったところで妻が妊娠。

ちょうど家もそろそろほしいという話をしていました。

間取りのこだわりはお互いにほとんどなかったのですが、広い庭と住宅地では嫌だという意見がお互いにあったためにとりあえず、住宅展示場に行きました。

希望の工務店も決まってなかったので、流されるがままに桧家住宅の説明を受けたら、営業の方の印象が良いことと、空調を売りにしていたので、これから生まれる子供ためにもと決断しました。

 注文住宅を建てる時に困った事や悩んだ事

注文住宅を建てる前の悩み

お金を借りるところをまったく決めていなくて、桧家住宅のおすすめの銀行でお金を借りる手続きをしていたら不備があったり接客態度が悪かったりで困惑しました。

あとは、家の壁紙やドアの種類、家の外装などの理想の家の姿が頭の中でできていない状態で決めていってしまった。

1つ1つ決めていくのが、その場でなかなか決められずに持って帰ってとても悩みながら選んだこと。

自分の理想の土地がなかなか見つからないこと、見つかったと思ったら2つもいいところが出たことで悩みました。

住宅会社を決めるときに注意した所

注文住宅を頼むときに注意した所

家の性能も大事に見ていましたが、1番注意したのは、営業の方の接客がどんな感じなものなのかを注意しました。

ここに関しては家を建てるまでの長い期間、接客が悪いと感じることで関係機関との連絡のミスや発注ミスにもつながってしまう。

注文者にとって、言ったことと全然違うことが起きてしまうことが自分自身は1番ストレスを感じてしまう部分だった。

住宅会社のファーストコンタクト、その後の接客を1番に注意して会社選びをしました。

マイホームを建てて生活が変わった所

マイホームを戸建ててにして良かったところ

自分の広い土地を持つことによって、友人などを呼ぶときに言われるのが「広くて車止めるのも気を使わなくていいよ。」と言われ、人を呼びやすくなったことです。

あとは、猫を3匹飼っているので周りを気にせず、猫を自由にさせてあげれること。

子供も家でも庭でも自分の空間で自由に遊ばしてあげれること。

自分の部屋、妻の部屋ができてお互いに趣味が充実したり賃貸アパートのときより楽しく、自由に日々を暮らすことができるようになりました。

マイホームを建てた後に少し後悔している所

新築を建てて後悔した所

コンセントの位置などを、もっと考えてやっておけばよかったなと思いました。

実際に生活してみるとものを置いてみるとコンセントにさしにくかったり、ここから電源とりたいと思ったところにコンセントがないなどがあるからです。

これから注文住宅を建てる方へ

これから注文住宅を建てる方へアドバイス

自分の理想の家の形をなんとなくではなく、しっかり作ってから住宅会社を決めて、お金を借りるときの銀行も自分でリサーチして銀行に直接相談していくこと。

土地に関してはその土地はもともとどんな場所なのか、何回か周辺を探索して隣に住む人、周りの人はどんな感じなのか、自治会はどんな感じ運営されているのかを聞けるところは全部聞いて土地を決めること。

一度決めると周りも自分もなかなか動かないので、1番重要なところだと思います。

マイホームを建てた後に後悔しない方法

注文住宅を建てて後悔しない方法

新しい綺麗なマイホームを建ったらと思うととても嬉しいですよね。

どんな家にしようか?と考えるだけでワクワク♪

でも、はじめて注文住宅を建てるときは、いったい何から始めたらいいのか?と悩んでしまいませんか?

  • 外観はどうする?
  • 部屋の配置は(間取り)?
  • 建てる場所は(土地)?
  • いくらぐらい?(費用)

など家づくりの悩みはつきませんよね。

何が自分に合っているのか分からない状態で、住宅展示場に行っても、その時の気持ちで流されてしまったりということになりかねません。

 

注文住宅を建てるときに損しない方法自分にあった注文住宅をしっかりと考えるには、計画書を作ることが重要です。

計画書なんて面倒、無理!どうやって作って良いのか分からない!

そんな方には、無料で計画書を作ってくれるサービスがあります。

信頼出来る大手の注文住宅会社を一度に比べる事ができるので忙しい方の時短にも。

全国対応で、誰でも無料で相談できるのでおすすめです。

⇒無料で家づくり計画書を作ろう!

タイトルとURLをコピーしました