ハウスメーカの営業の重要性は何か~それは簡単にサインするな~

この記事は約4分で読めます。

実際に注文住宅を建て方の体験談をご紹介します。

今回はアルネットホームで建てた方(埼玉県 男性 35歳)のリアルな体験談を見ていきます。

予算と実際の金額は?

当初の予算は1850万円で、 実際の金額は1800万円でした。

 


注文住宅を建てる前の具体的な悩み

注文住宅を建てる前の悩み

理由は大きく上げて3つあります。

立てる前は2LDKの一軒家に住んでいましたが、子供が二人生まれたことで家が手狭になってきた為 。

老後リタイアした後に、死ぬまで家賃を払い続けることは将来困難であると判断したため、資金的に厳しいが思い切って立てることにした。

賃貸の場合、2年ごとの更新で更新手数料等無駄な費用が掛かってしまう為、そういったものをなくしたい。

特に自分の場合は更新料に10万円近くかかっていたので、是が非でもこれをなくしたいと思っていました。

注文住宅を建てる時に困った事や悩んだ事

注文住宅を建てる時に困った事や悩んだ事

まずは希望の地域に日当たりが良い土地を探すことが非常に困難でした。

自分たちの場合は住宅が複数立つようないわゆる分譲地を避けていました。

また、ハザードマップで危険場所を避けたり、将来子供が通学する場合の小中学校、最寄り駅との距離、金額、土地の高さ、周辺の環境等を検討していましたが 実際に土地を決めるまでに1年近くかかってしまいました。

また、実際に家を建てる場合、妻が方位学を取り入れたいという話があったため、玄関の位置や水場の位置などの設定に苦労しました。

予算も限られていたため、効率のいいレイアウトをしなければならないため(通路をなるべく排除して部屋にしたい)間取り自体も非常に苦労しました。

住宅会社を決めるときに注意した所

注文住宅を頼むときに注意した所

基本に自宅から近くの展示場にあるハウスメーカーを選定しましたが、とくに重視したことは大きく分けて以下の2点になります。

①無垢材をしようしていること。

無垢材はフローリング材ことなり室温などの雰囲気温度の影響を受けにくいことと湿度を適度に吸収するため湿度コントロールの補助的な役割があります。

少なくとも寝室となるような場所は無垢のフローリング材を使用したかったので、それを取り扱っていたアルネットホームを選びました。

②見積もりが詳細であることこのハウスメーカの売りとして、見積もりが詳細にでるということがありました。

ドア1枚、窓1枚の単価で出るため、間取りを変更する際の予算との兼ね合いの検討が非常にし易かったです。

例えば予算をオーバーしている場合・・・ ・窓のサイズを小さくする ・床材を無垢から一部いわゆる通常のフローリングに変更。

マイホームを建てて生活が変わった所

マイホームを戸建ててにして良かったところ

  • 「お風呂場が広くなって、子供2人と3人でものびのびは入れる!」
  • 「庭が出来たので、家庭菜園やガーデニングが楽しめるようになりました」
  • 「リビングが広くなったので、子供が走り回っても大丈夫になりました。」

また、アンパンマンのジャングルジムなども置けるようになりました。

 それ以外にもテレビとの距離をとれるようになった、荷物をより整理しておけるようになった。

断熱材の影響で特に冬場の室内の凍えるような寒さがなくなったなどがあります。

マイホームを建てた後に少し後悔している所

注文住宅を建てる前の悩み

今回の家づくりは非常に満足しています。

その為、〇〇すればよかったなというところはありませんでした。

このような後悔をしない為のコツとしては、間取りなど机上の計算も大事ですが、完成見学会に多くいくこと、 いくつかハウスメーカをまわり見積もりを集めることを根気よくやることが重要だと思います。

これから注文住宅を建てる方へ

これから注文住宅を建てる方へアドバイス

実はこのメーカーと契約をした際に、「来月値上げをするから、今月中に契約をしてしまった方がいい」と営業に言われて急いで契約をしてしましました。

今思えばそれは嘘で、とりいそぎ契約をさせられてしまったということがありました。

それに気づいて1人目の営業に対する信頼感が0になったために急遽営業を変更してもらいました。

当初は非常に疑っていましたが、2人目の営業はとても熱心で非常に新味になって間取りや予算や浄化槽等の選定等。

少しでも予算が安く収まるように、でも生活がしやすいように検討・提案をしてくれました。

特によかったのが階段の段数変更です。

例えば、通常は14段でしたが、この場合非常に急で危ないので比較的安価な追加料金で段数を増やすことが出来るため17段にした方が良いといわれました。

実際建ててみて、階段が非常に緩やかで上りやすく、これがオプション追加してよかったと感じています。

※小さい3歳の子供でも上り下りが出来ます。

マイホームを建てた後に後悔しない方法

注文住宅を建てて後悔しない方法

新しい綺麗なマイホームを建ったらと思うととても嬉しいですよね。

どんな家にしようか?と考えるだけでワクワク♪

でも、はじめて注文住宅を建てるときは、いったい何から始めたらいいのか?と悩んでしまいませんか?

  • 外観はどうする?
  • 部屋の配置は(間取り)?
  • 建てる場所は(土地)?
  • いくらぐらい?(費用)

など家づくりの悩みはつきませんよね。

何が自分に合っているのか分からない状態で、住宅展示場に行っても、その時の気持ちで流されてしまったりということになりかねません。

 

注文住宅を建てるときに損しない方法自分にあった注文住宅をしっかりと考えるには、計画書を作ることが重要です。

計画書なんて面倒、無理!どうやって作って良いのか分からない!

そんな方には、無料で計画書を作ってくれるサービスがあります。

信頼出来る大手の注文住宅会社を一度に比べる事ができるので忙しい方の時短にも。

全国対応で、誰でも無料で相談できるのでおすすめです。

⇒無料で家づくり計画書を作ろう!

タイトルとURLをコピーしました