ローンも苦じゃない!3階にサンドバッグの吊るせる重量鉄骨造!

この記事は約3分で読めます。

実際に注文住宅を建て方の体験談をご紹介します。

今回は、ヘーベルハウスで建てた方(女性 44歳)のリアルな体験談を見ていきます

予算と実際の金額は?

初期費用500万円で建てられるところを探していて、8000万円のローンが組めたので(土地込み)、予算少しオーバーでしょうか。
特に予算は計算してなかったように思います。

注文住宅を建てる前の具体的な悩み

注文住宅を建てる前の悩み

義両親との同居を考えていた私。」ですが、もうすでに同居していた時点で、トラブルが絶えなかったので、設計段階で「台所2つにするか?トイレは?お風呂は?」と、迷いがよぎりなかなか決まらない中での交渉でした.

が、「一応一緒に住んだとき用」に「台所を二つ、最低でもトイレは二つ、義両親の部屋も設ける」ことで終着しました。

今では「同居」はしていませんが、一応義両親への義理は果たせたと思って満足しています。

今では、台所一つ余った状態ですが。

住宅会社を決めるときに注意した所

注文住宅を頼むときに注意した所

最後まで某工務店と迷い、最終的にヘーベルハウスに決めたものの、某工務店もなんとしてでも注文をとろうと、必死で食い下がってきましたが、あんなに断る事が大変とは思いませんでした。

見積もり段階で、断るのが大変なところにしなくて本当に良かったと思っています。

一生に一回になるであろう、大事な家選びで、しつこく迫られて「本当に建てたい家」を選べないのはどうかと思います。

「この注文メーカーで、是非建てたい!」と思えるメーカーで建てられて本当に良かったと思います。

マイホームを建てて生活が変わった所

注文住宅を建てて良かったところ

3階建の重量鉄骨造なので、ランニングマシンが置ける事。

設計段階から趣味のボクシングを楽しむためのサンドバッグ設置用のフックも付けていただきました。「まだ付けていませんが、。」

夫も「この家の自慢は、重量鉄骨造だ。」とよく言っていて、ローンを返していく励みにもなっています。

私達夫婦の合言葉は、「健康こそ1番大事!」なので、この家はピッタリだったんじゃないかと思っています。

私の体重も、引っ越してきて、ランニングマシンに毎日乗るようになってから、5キロほど痩せました!

マイホームを建てた後に少し後悔している所

新築を建てて後悔した所

マイホームを立てて後悔した部分といえば、計画中リビングと部屋を引き戸で仕切ったところでしょうか。

「吹き抜けになって広く感じる事ができる」と思っていましたが、子供も居ますので、将来のことを考えたら、仕切って完全独立の部屋にすればよかったと思いました。

これから注文住宅を建てる方へ

これから注文住宅を建てる方へアドバイス

注文住宅は高いので、大体の方がローンを組んで購入することになると思います。

ローンを返していく上で、「ポテンシャルの上がる居住空間」を目指して設計する事がポイントではないかと思います。

注文住宅ならではの、「自分もしくは自分達の住みたい家はどんな家?」を実現してくれる設計が決め手です!

家族がいらっしゃる方は、特に見積もりから設計段階まで、決める事が山ほどありますので、よく話し合いを重ねて、普段から「コミュニケーションをよくとっておく」事が大事になってくると思います。

マイホームを建てた後に後悔しない方法

注文住宅を建てて後悔しない方法

新しい綺麗なマイホームを建ったらと思うととても嬉しいですよね。

どんな家にしようか?と考えるだけでワクワク♪

でも、はじめて注文住宅を建てるときは、いったい何から始めたらいいのか?と悩んでしまいませんか?

  • 外観はどうする?
  • 部屋の配置は(間取り)?
  • 建てる場所は(土地)?
  • いくらぐらい?(費用)

など家づくりの悩みはつきませんよね。

何が自分に合っているのか分からない状態で、住宅展示場に行っても、その時の気持ちで流されてしまったりということになりかねません。

 

注文住宅を建てるときに損しない方法自分にあった注文住宅をしっかりと考えるには、計画書を作ることが重要です。

計画書なんて面倒、無理!どうやって作って良いのか分からない!

そんな方には、無料で計画書を作ってくれるサービスがあります。

信頼出来る大手の注文住宅会社を一度に比べる事ができるので忙しい方の時短にも。

全国対応で、誰でも無料で相談できるのでおすすめです。

⇒無料で家づくり計画書を作ろう!

タイトルとURLをコピーしました