義両親と同居、でも完全分離なら嫁も(ほぼ)自由に過ごせてハッピー

この記事は約3分で読めます。

実際に注文住宅を建て方の体験談をご紹介します。

今回は積水ハウスで建てた方(女性 35歳)のリアルな体験談を見ていきます。

予算と実際の金額は?

土地はあったので、建物だけで3,000万円以内の予算でしたが実際は3,600万円ほどローンを組みました。

注文住宅を建てる前の具体的な悩み

注文住宅を建てる前の悩み

建てる前は「完全分離の二世帯住宅で義両親とやっていけるのか不安だった私。」 旦那の実家を建て替えて、完全分離の二世帯住宅を建てることになりました。

いつかは二世帯にする、と結婚前から言われていたものの第一子の妊娠を報告したところ、すぐに住宅展示場巡りをはじめてしまった義両親。

「完全に初孫フィーバーな義両親」でしたが、結婚してまだ2か月ほどだった私に嫌と言えるはずもなく。

マイホームの資金も貯めていなかったので金銭的な不安もありました。

住宅会社を決めるときに注意した所

注文住宅を頼むときに注意した所

展示場を巡り、三菱・積水ハウスの2社に絞りました。

それぞれの会社に予算や設計希望を伝え、図面などを作ってもらいおおまかな予算も出してもらいました。

競合してもらうことで値段交渉もしやすく、どちらの会社で建てたいか打ち合わせを重ねるごとに明確になってきました。

旦那が元住宅会社勤務だったということもあり、基礎構造の違いや取り扱ってる素材なども比較していました。

特に注意したのは、「こんな家を建てたい」「部屋の数や間取り」を住宅会社の人に質問されたらすぐに答えることができるよう、夫婦間でよく相談するようにしていました。

マイホームを建てて生活が変わった所

注文住宅を建てて良かったところ

「人を呼びたくなる家になった」マンションに住んでいた頃よりも、来客が格段に増えました。

子どもの友達親子を複数組呼んでパーティーをしたり、何かあったときすぐに「うちで良ければ」と言えるように。

いつでも人を呼べるようにキレイな家をキープできるようにもなりました。

ずっと住み続ける家だからこそ、汚したくないという気持ちも強く掃除もこまめにするようになりました。

小さい子どもが来ても困らないように、危険なインテリアなどは置かないように気を付けています。

マイホームを建てた後に少し後悔している所

新築を建てて後悔した所

完全分離の二世帯ですが、お互いが行き来できるようにそれぞれを繋ぐドアがひとつあります。

夜、静かな時間帯だと義両親世帯の話し声がドア越しに聞こえてきてしまうこともあり、私が旦那に愚痴を言ってるのまで分かってしまう。

もう少し防音には気を付けるべきだったと思います。

間取りでは、洗濯物を干す庭と洗濯機のある脱衣所が離れているのが少し不便に感じています。

動線をもう少し工夫したり、室内干しするときの吊るし器具をもっと家の中につけておけばよかったな、と思っています。

これから注文住宅を建てる方へ

これから注文住宅を建てる方へアドバイス注文住宅の良いところは、すべて自分たちで考え希望を伝えられるところ。

でもそれが本当に難しい部分でもあります。

これから注文住宅を建てる方は、展示場だけじゃなくてたくさんのモデルルームや、お洒落な家の写真、または家を購入した友人の家をたくさん訪問させてもらう、など色々な家を見る機会を作ってほしいなと思います。

二世帯の場合はどこまで別にするか、も問題の焦点になってきます。

嫁としての希望は、すべて息子である旦那さんから話してもらうようにしたほうが円滑に進むはずです。

マイホームを建てた後に後悔しない方法

注文住宅を建てて後悔しない方法

新しい綺麗なマイホームを建ったらと思うととても嬉しいですよね。

どんな家にしようか?と考えるだけでワクワク♪

でも、はじめて注文住宅を建てるときは、いったい何から始めたらいいのか?と悩んでしまいませんか?

  • 外観はどうする?
  • 部屋の配置は(間取り)?
  • 建てる場所は(土地)?
  • いくらぐらい?(費用)

など家づくりの悩みはつきませんよね。

何が自分に合っているのか分からない状態で、住宅展示場に行っても、その時の気持ちで流されてしまったりということになりかねません。

 

注文住宅を建てるときに損しない方法自分にあった注文住宅をしっかりと考えるには、計画書を作ることが重要です。

計画書なんて面倒、無理!どうやって作って良いのか分からない!

そんな方には、無料で計画書を作ってくれるサービスがあります。

信頼出来る大手の注文住宅会社を一度に比べる事ができるので忙しい方の時短にも。

全国対応で、誰でも無料で相談できるのでおすすめです。

⇒無料で家づくり計画書を作ろう!

タイトルとURLをコピーしました